読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mof-brown

ずっとモフモフしてたい

2歳児を連れて竹富島に行ってきた

旅行

今年のシルバーウィークは、もうすぐ2歳になる子供を連れて沖縄本島3泊と竹富島2泊の旅行をしてきたのでその記録。

旅行にあたって決めていたこと

  • 子供が体調を崩す可能性があるので、ゆったりとしたスケジュールにする
  • ホテルの移動は面倒なので連泊にする
  • 沖縄本島では、子供を連れての移動が大変なのでレンタカーを借りる
  • 美ら海水族館に行きたい
  • 星のや竹富島に泊まりたい
  • 竹富島ではグラスボートに乗りたい
  • 行けなかった新婚旅行の代わりだと思って、ケチらずに行く

1日目

羽田から那覇空港まで移動。レンタカーを借りて、ホテルにチェックイン。
本島で連泊するホテルは、比較的安かったホテルロイヤルオリオンというホテルにした。パンフレットで見た印象より綺麗なホテルだった。

那覇ホテル国際通り|ホテルロイヤルオリオン【公式】

この日は特に予定は入れていなかったので、少し休憩してから国際通りの波照間という居酒屋に行った。

tabelog.com

このお店はファミリー歓迎を謳っていて、メニューにお子様セットがあったりする。料理もなかなかで三味線ライブが聞けたりと、沖縄気分を盛り上げるのに良いお店。

飲んだあとは、国際通りのお店をふらふら見ながらホテルに戻って1日目終了。

2日目

当初この日に美ら海水族館に行く予定だったのだけど、雨が振りそうだったので本島南部をドライブすることに。(結局雨は振らなかった...)

f:id:kosuke0620:20150927224218j:plain

まずは国際通りから近い首里城に行った。 一度修学旅行で来たことがあるはずだが記憶が無い。城と言う割にはショボい感じ。バリアフリーになっていたので見学はしやすかった。

海岸沿いの道を進んで、次は琉球ガラス村。
家の足りない食器を物色した。ガラス制作体験とか出来るよう。

www.ryukyu-glass.co.jp

f:id:kosuke0620:20150927224807j:plain

次は平和祈念公園
資料館の中で子供が暴れまくりであまりゆっくり出来なかった。

f:id:kosuke0620:20150927224957j:plain

少し時間が余ったので、そのまま東の方に移動。
ガイドブックに載っていたオリーブの木というおしゃれカフェで休憩。 テラスからは海が一望できて良い感じ。

tabelog.com

この後はホテルに戻って2日目終了。

3日目

念願の美ら海水族館へ。
美ら海水族館までは結構距離があり、片道2時間半程かかった。割引チケットが途中のコンビニで売ってた。

f:id:kosuke0620:20150927225809j:plain

そんなに水族館好きだっけ?っていうくらい子供がはしゃいでいた。制御不能。そっち行かないで!逆走しないで!
ジンベイザメのぬいぐるみを買ってあげたら喜んでた。

f:id:kosuke0620:20150927230315j:plain

水族館の外にはイルカとマナティーの施設もあった。 マナティー館に行くと、マナティが両手でがしがしレタス食べていた。なにこいつ可愛い。

イルカも見に行きたかったのだけど、子供がなぜか行きたがらなかったので時間切れで終了。

f:id:kosuke0620:20150927230834j:plain

この後は古宇利大橋→万座毛とドライブ。
日の入りまで待っていれば絶景に違いないスポットだった。

次の日から竹富島なので、夕食の後に国際通りでお土産を物色した。
途中市場通りでおばちゃんが売っていたサーターアンダギーパイン味が激ウマだった。 後で空港で似たようなやつを買ったけど似て非なるものだった。あのおばちゃんのサーターアンダギーでなければ駄目だ。大量に購入すべきだった。

4日目

那覇空港から石垣島へ移動。
その後バスに乗って石垣島離島ターミナルへ。

ここで今回の旅行で最高にミスった。本来は安栄観光でアクティビティの手続きをするべきところを、普通に乗船券を買って竹富島へ移動してしまった。 安栄観光さんが宿の方にチケットを届けてくれたおかげで大丈夫だったのだが、ツアー概要をよく読めと反省...。

f:id:kosuke0620:20150927232807j:plain

というわけでフェリーで竹富島へ移動。
フェリーは結構揺れて怖かった。

星のやさんのバスに乗って宿へ移動。
この日は星のや内の施設をぶらぶらしたりしてのんびり過ごした。

星のやは施設自体も素晴らしいが、スタッフの方々のホスピタリティが想像以上だった。子供に対しても様付けだったのは笑ったけども。

f:id:kosuke0620:20150928000354j:plain

敷地内の見晴台からの眺め。

f:id:kosuke0620:20150928001002j:plain

敷地内から行ける浜からの眺め。

5日目

竹富島を満喫する日。

f:id:kosuke0620:20150927234036j:plain

まずは竹富港に移動してグラスボートに乗った。 底を覗くと、なるほど透明な海にいる沢山の魚やサンゴが見ることができる。 途中子供が船に酔ったらしく、気分が悪そうで気が気でなかった。

f:id:kosuke0620:20150927234515j:plain

次はバスに乗って島観光。
集落を通って星の砂で有名なカイジ浜へ。 ガイドの指示通りにやっても星の砂は拾えなかった。

次は水牛車。
水牛車はゆったりとした時間が流れて、とても心地良かった。

f:id:kosuke0620:20150927234629j:plain

水牛は思っていた以上に可愛い顔をしていた。

f:id:kosuke0620:20150927234652j:plain

相関図ワロタw

この後自転車を借りて島内を移動。
かにふというお店でお昼を食べた。他のお店はわからないけど、このお店は子供向けの椅子が用意されていた。ただお子様向けメニューは特に無かった。

その後子供の朝食を求めて大浜商店へ。(竹富島で唯一?の商店)
ネットでは閉店の情報が出ているが、この時は営業していた。 お茶とパンとバナナを購入。

f:id:kosuke0620:20150927234857j:plain

その後少し集落を離れてコンドイ浜へ。
ここは竹富島で唯一遊泳可能な浜なので、人が集まっていた。 子供にとって初めての海を経験させることが出来た。

大浜商店で買ったバナナはちょっと放置していたら、浜の周りにいるカラスに食べられてしまった...w

6日目

最終日。
予定も特に入れてないので、早々にチェックアウトして石垣島へ移動。

石垣島へ行ったことのある知り合いから、ぴにおんという燻製屋の情報をもらっていたのでお土産を買いに。
店内でいろいろ試食させてもらい、実家へのお土産と自分たちのお土産を購入した。

tabelog.com

夕方には石垣島→羽田へ移動。
嫁も子供も疲れきっていたので、羽田からはリムジンバス→タクシーで帰宅して今回の旅行は終了。

旅行中のペットの世話について

我が家では猫を飼っていて、今まで旅行の時は近所のペットホテルに預けていたのだけど、ホテルから帰ってくると暫く怯えてたりしていたので、今回はAlways/日本ペットシッターサービス板橋店というペットシッターさんに依頼することにした。

www.pet-ss.com

初めてだったので多少不安ではあったけども

  • 旅行の1週間前に細かな打ち合わせをしてくれる
  • 時間の範囲内で、こちらの要望を最大限聞いてくれる
  • 旅行中、LINE でペットの状況を写真・動画で事細かに連絡してくれる

という感じで、とても信頼できるペットシッターさんでした。次も依頼すると思う。

反省点

  • 今回軽自動車をレンタルしたが、持って行った大きめのキャリーケースとベビーカーが後ろに載せられなかった
  • 子供がご飯を残すことが多いので、タッパーとかラップとか持っていけば良かった

最後に

この旅行中に子供が「おとーしゃん」と呼ぶようになった。
たまたまかもしれないけど、他にもこの短い期間に出来ることが増えたような気がする。